ご紹介中の本は、イラストレーターという職業で生計を立てる筆者が、非常に勉強になった本。イラストレーションやアニメーションの勉強では基本ともいえるバイブルです。

徳間書店「生命を吹き込む魔法」

このホームページでは強く印象に残った部分を簡単にご紹介させていただいております。あらすじ未満??実際に書籍を購入されると、きっと一生モノの教科書として活躍してくれると思います。


LCラブコスメティック。筆者も利用しています。手頃でしかも楽しいサイト。ホームページはキレイで見やすい。
誰でも興味津々の内容だから、暇つぶしにもちょうど良いです。

ディズニーアニメーション「天才アニメーターたち/01」

天才アニメーター序章ディズニーアニメーター:9人の古株

スポンサードリンク

ディズニーのアニメーターについてをお伝えしています。アニメーターとはアニメを作る人のこと。まさにディズニーの世界を作り上げていった主役ですね!

ディズニーアニメーターの9人の古株

ディズニー天才アニメーターというと様々な方々、数え切れない天才アニメーターがいらっしゃいます。
このカテゴリーで一番初めにご紹介するのは、ディズニーアニメーションの黄金時代を作り上げた9人の古株、通称「ナイン・オールド・メン」あだ名される方々です。

ウォルト・ディズニー氏の世界的に有名なミッキー・マウスが誕生する前、1926年、ハイペリオン通りに造られたディズニースタジオ・ハイペリオンは、今後、活躍するアニメーターやそのアニメーターによって生み出される魅力的なキャラクターを想像力を豊かにする源となったスタジオです。

しかし、はじめには、アニメータースタッフを20人程度しか収容できなかったため、ディズニースタジオの隣にあった”パイプオルガン製作工場”を買い取り、増設。制作スタッフの増員や専門スペースを設けなければならないという予想外の展開でした。
初めのうちは、増築に増築を重ねていたものの、次第にウォルト・ディズニー氏は増築をやめ、大々的に本格的なアニメーション制作専用として建設されたスタジオをキープします。
ウォルト・ディズニー氏の指導で長時間かけて設計、建設されたのが 「完璧」な建物ハイペリオン通りのディズニースタジオです。


ディズニーアニメーションは、アメリカのアニメーション自体が巨大なメディアとして成長して行くにつれディズニースタジオも徐々に拡大。ポイントとなる1939年になる以前に、ディズニースタジオのスタッフは、1000人を超えてしまいます。
その間にいろいろな大ヒット作、「ミッキーマウス」シリーズをはじめ、「蒸気船ウィリー」、「3匹の子ブタ」などのを作り上げました。

そして、1939年に大学のキャンパスを思わせる広大な敷地に魅力的な景観を作り出すように設計されたバーバンクにスタジオを移します。これで完璧と思いきや、スタッフの数がとてつもなく増えたため、細部まで目が届かなくなってしまいます。少人数の頃と比べ、こうなってしまうのは仕方ない?どこの会社でも抱える問題、そう効率の問題が出てきます。
今までのように、ウォルト・ディズニー氏自身が時間を見て、各制作スタッフの仕事の進み具合などを見回ることがでなくなりました。当然のように各アニメーション制作の効率が悪くなってしまいます。
その頃にはウォルト・ディズニー氏は、アニメーション制作の過程のアイデアや自分でイラストを描くことがなくなり、アニメーションスタジオの社長として、つまり「一経営者」として多忙でした。

作業効率が悪くなった結果、スタジオ内のスタッフはいざこざが発生します。特に上司(ディレクター)が、部下(マネージャー)に「まだ、終わらないのか?(怒)」と激怒。そのマネージャーは、アニメーション制作の一番の要(かなめ)である下っ端のアニメーターたちに八つ当たりするなど。将来有望なアニメーター達は疎外され、アニメーターたちは徐々に孤立化してしまいます。


試行錯誤の上、1940年にアニメーション部の管理を補佐するアニメーション(ボード)幹部会が創設され、幹部会(ボード)のメンバーは、採用、解雇、仕事の割り振り方、異動、昇進、訓練などについて会議、スタッフに助言を行いました。

するとそれが徐々に効果を発揮。当時、一番問題になっていた「アニメーターはどうあるべきか?」アニメーターをもっと効率よく使うにはどのようにするべきか?と言うところまで決定するようになりました。

そして1950年に、9人のスーパーバイジング・アニメーターが固定化され、主力アニメーターだった彼らは、幹部会のメンバーとしての職務を果たすだけでなく、どんな映画(アニメーション)を作るか、どんな種類の娯楽を生み出すかというところまでスタッフ達に影響を与えました。つまり、今までウォルト・ディズニー氏がやってきたことを受け継ぎ更に強化された状態を意味します。ナイン・オールド・メンの誕生です。


当時、ディズニーアニメーションでこの9人は、全員まだ30代という若さで、ディズニースタジオの重役ポストになりました。ウォルト・ディズニー氏は、この9人の重責を担う賢人点で、最高裁判所の9人の判事と同じだとして、判事達の呼び名を取って「ナイン・オールド・メン」とあだ名を付けた事がその名の由来です。

前へ ディズニー前へ

ディズニーアニメーションの歴史はディズニーイラストの歴史でもあります。
これだけの長い間、愛され続けるディズニーキャラクターは、
イラストレーションを考える上での基本となるポイントが満載です。
徳間書店「生命を吹き込む魔法」というバイブル、
実売で1万円前後と若干高価ですが、興味をもたれましたら、
ぜひ手にとってご覧下さい。