注)この文章はすべて管理人の妄想です。

疾風伝説特攻(それいけ)野郎A(アンパンマン)チーム

♦この物語は現在に至るまで伝説として語り継がれている最強野郎のアンパンマンのストーリーです!♦

  • ホーム
  • インターネット便利サービス
  • ディズニーアニメーション
  • 自動車の評価とインプレ
  • アニメブログ総集編
  • 映画評価とあらすじ紹介

第5話「最強チーム
特攻(それいけ)A(アンパンマン)チーム誕生」

バイキンマンから助けてくれた(ような)、マーボー豆腐にお礼を言いたかった吉川和は、自宅謹慎処分になったマーボー豆腐の家に直に言ってお礼したいとクラスメイトに聞き回り、中学が同じだったあんみつ姫(アンミツヒメ)と知り合った。和がドキッとするかわいい2人はマーボー豆腐の家に向かった。昨日の私立横蘭(オウラン)高校の入学式のとてつもない出来事がいろいろあり和は、それをあんみつ姫(アンミツヒメ)に「すごかったね〜?」とマーボー豆腐の家に向かう最中に話したがあんみつ姫(アンミツヒメ)は「うん!」だけ。あんまり興味なさそうだった。それともマーボー豆腐と同じ中学校出身だけに見慣れているのか?と考える余裕もなくあんみつ姫(アンミツヒメ)「マーボー豆腐んちに着いたよッ!」と言われ後ろを振り返って見ると私立横蘭高校!なんだ高校の目の前じゃないか!?と思わずこけそうになる。

その様子にあんみつ姫(アンミツヒメ)「ウフッフッ・・・」と笑った。

なんだかからかわれているみたいな感じで複雑な心境になった和だった。

ベルを何回鳴らしても反応がないのでカギがかかっていないことをいいことにマーボー豆腐の家にはいって2階に上がっていったあんみつ姫(アンミツヒメ)と和。中学が同じなだけにマーボー豆腐の家に遊びに来たことがあるのだろうすぐマーボー豆腐の部屋の前にきた。

するとマーボー豆腐の部屋の中から話し声が聞こえてきたが、「あいつもいるんだ〜!!!」と嬉しそうな笑みを浮かべてドアを開けた。

部屋の中にはマーボー豆腐ともうひとり和が知っているヤツがいた。

あんみつ姫(アンミツヒメ)「いるなら玄関まで出てきてよ〜!何回もベル鳴らしたんだからぁ〜!」とすねた口調で言うと「いや〜わり〜わり〜ィ」とマーボー豆腐が言っている横にアンパンマンがいた。和を見るなり「よ〜ぅ!」とあいさつ。和も反応して「どうも」。と言う会話をみてマーボー豆腐とあんみつ姫は同時に「知り合い?」と答えた。アンパンマンは「ほ〜れ!今話をした和ってやつだよ!」マーボー豆腐「おぅおぅー!」と納得した様子。

1人だけ何のこっちゃわからないあんみつ姫(アンミツヒメ)は「”え”ー何何???」

寂しそうな様子。すっかりすねてしまったあんみつ姫(アンミツヒメ)をおだてて機嫌を直すのみ数分かかった。マーボー豆腐とアンパンマンは昨日の一件を話していた。なぜなら2人の共通の敵、バイキンマンだからだった。なんだかあいつ(バイキンマン)をやらないと死んでも死にきれないというオーラがでてオーラバトラーとかしていた2人(アンパンマンとマーボー豆腐)。聞きたくても聞きにくい、聞いたらそうなるか?!という雰囲気だったので和はこの空間では、うん、か、はいだけにとどめておこうと思っていたらあんみつ姫(アンミツヒメ)がこの和がマーボー豆腐に昨日の件で話したいことがあるんだって」とおぅおぅそうであったと同時にそんなことこの場で話せる状態かと余計なことを・・・!と勝手な考えをしていた。

あんみつ姫(アンミツヒメ)の言葉にマーボー豆腐は「おうー!」そだよなんでここにきたんだ?和に聞き、同時にアンパンマンもそれが知りたがった様子で和にだめ押しの返答を要求してきた。

昨日の件でお礼を言いにきたという単純なことを和はとても重要なことのようにだらだら長くしただ「昨日は助けて頂いてありがとうございましたが1時間コースのぐちゃぐちゃした話へと変貌した。

それを真剣に?聞き終えたマーボー豆腐、アンパンマンもあんみつ姫(アンミツヒメ)は、くず野郎が!ひどいヤツだ、許せないあの世送りにしたいなどピー語にも鳴りかねない言葉を使い部屋の中は重苦しい空気に。静まりかえっているとアンパンマンが話し始める「バイキンマン・・・ヤツのことだ、今は病院で身動きがとれないとこの先、また言っても手下どもを使って、ずるがしこくきたねぇやり方で何度も仕返しをしてくるだろう。」と言った。それを聞いてマーボー豆腐もあんみつ姫も考え込む。いやな空気にしちゃったなぁ(涙)と思い失敗したことを反省する和であった。

しかし和は、自分でもとんでもないことをここで口にした。

そうだ!対バイキンマン撃退部隊を結成しよう!」と。

これぞ、世に長く語り継がれる伝説の疾風特攻(それいけ)野郎(約1名をのぞき)部隊A(アンパンマン)チームの誕生の瞬間である

Copyright (C) Okasanta. All Rights Reserved. Inclue Illustrator Okasanta Gallery & Free Illust. / This site is link free.

共有レンタルサーバー お得なクレジット比較とキャッシング・ローン ネットホームセンターラブコスメ サキの芸能ネタと流行キーワード