サキの映画インプレ / 映画(洋画) /  スウィーニー・トッド

映画インプレメニュー

スポンサードリンク

 

インターネット便利サービス
TOPページに戻る

読み物系の関連コンテンツ
インターネット雑学ホームページ

  • サキの芸能人とトレンドワード
  • 間違いっぱいの自動車選び
  • ディズニーアニメーション
  • アニメ人気ブログ総集編
映画レビュー批評
映画タイトル

スウィーニー・トッド-フリート街の悪魔の理髪師

映画スウィーニー・トッド
監督 ティム・バートン監督
主演(俳優さん) ジョニー・デップ

著:サキちゃん

映画「ホステージ」はお馴染みティムバートン監督とジョニーデップのコンビ映画です。
あらすじ、評価批評、制作背景をお届けします。

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」と言う映画は、2005年に公開された「チャーリーとチョコレート工場」などが記憶に新しいティム・バートン監督。あと「スリーピー・ホロウ」なども記憶にあります。両方とも、サキ的にちょっと不気味な作品でしたね。 ブラックジョークといいますか、笑えないジョークは日本人には辛いです。


ティム・バートン監督が、ジョニー・デップとはじめてのコラボだった作品が「シザーハンズ」でした。
指先がすべてハサミの人物?像をいい演技でこなしています。確か、設定上、言葉をしゃべることが、できないキャラクターだったと思います。

ティム・バートン監督は、もともとディズニーアニメーション制作会社にいていろいろな作品を手がけていますが、それが発揮された作品としては、「チャーリーとチョコレート工場」でしょうね。今までは、サスペンスや猟奇殺人など怖い映画を題材にしていた分、ディズニーでの経験が、この「チャーリーチョコレート工場」で一気に爆発した感じです。


さて、本題を元に戻して、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」ですが、パイレーツ・オブ・カリビアンで、一気に印象深い演技と人気を得たジョニー・デップが、チャーリーとチョコレート工場」で心あたたまる、ドラマチックな映画の役をこなした後という事で、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」は制作段階から、とても注目されていました。この映画で重要なのは、多分吹き替え板が存在しないと思われます。(サキはなんとか頑張ってみました)

インタビューなどでティム・バートン監督がこの映画は、原作がとして古くから人々に愛されていた、ミュージカル「理髪師とパイ屋の話」というお話しがもとになっています。なので「ミュージカルぽい歌と踊りとストーリー」のようなことを言っていました。そのとおり、冒頭からジョニー・デップの素晴らしい歌声から始まります。


ベンジャミン・バーカーの最愛の妻に惚れ込んでしまったそのフリート街の役人タービン判事は、夫であるベンジャミン・バーカーに無実の罪で島流しにしてしまいます。

幸せでいっぱいだった娘と妻を奪われ、無実の罪を着せたダービン判事に仕返しをするべく、刑務所に入れられてしまいます。しかし、最愛の妻と娘のこと、そして自分を陥れたダービン判事への怒りが収まらない彼は、15年かけてやっとのことで脱獄し、復讐鬼として、もとのフリート街に帰ってきます。

15年振りに返ってきたバーカーは、妻と娘がどうなっているかを確かめるため、様子を伺うと、以前住んでいた家があった。
そこにミートパイ店の女店主ラベットが現れ、バーカーをお客として招き入れた。差し出されたミートパイをバーカーは、はき出してしまう。なぜなら肉の値段が高く、手に入らないため、仕方なく猫の肉を使っている。すっごくぞっとします。

店の店主は、バーカーを2階の空き部屋に案内し、その部屋の床下からカミソリセットを出して渡します。それは紛れもなく、バーカーが理髪師として使用していたときのもの、銀のカミソリセットは、15年の歳月を経て、自分の元に戻ってきたのだ。女店主ラベットは、彼自身がバーカーと言うことを、すでにわかっていていた。


名前をスウィーニー・トッドと改め、理髪店を営むことになる、腕のいい理髪師のため、バーカーという正体を知った同じ理髪師は、バーカーに強請をかけるが、返り討ちに遭い、殺してしまった。死体の始末に困ったスウィーニー・トッドは、ミートパイの女店主ラベットに人肉パイとして店で出すアイデアを・・・

パイ店の中から外を行き交う人間を見て、パイ肉にふさわしいか女店主ラベットとスウィーニー・トッドが品定めをするシーンもミュージカル風に歌と歌の間に普通のセリフが、入ったりとストーリーは、とてもおどろおどろしいが、結構演出的におもしろい。

スウィーニー・トッドは、腕のいい理髪師として、いずれその噂を耳にして、のこのこと復讐鬼の前に客として現れる、役人タービン判事の姿が待ち遠しくてたまらない。見ているこっちもそんな気持ち。


ミュージカルっぽくて、とか、ミュージカル風にジョニー・デップなどの素晴らしい、生の声歌が入っているため、吹き替え版は存在しません。とにかく見れば良さが分かる映画作品です。

以上、映画スウィーニー・トッド、サキの評価評論、あらすじでした。

普通に映画好きな方に、DVD見る前に読んだり、DVD見た後に回想に浸ったりと楽しめる映画内容紹介ホームページ。


Copyright (C) movie site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。