サキの映画インプレ / 映画(洋画) /  ボーン・スプレマシー

映画インプレメニュー

スポンサードリンク

 

インターネット便利サービス
TOPページに戻る

読み物系の関連コンテンツ
インターネット雑学ホームページ

  • サキの芸能人とトレンドワード
  • 間違いっぱいの自動車選び
  • ディズニーアニメーション
  • アニメ人気ブログ総集編
映画レビュー批評
映画タイトル

ボーン・スプレマシー

ボーン・プレマシー
監督 ポール・グリーングラス監督
ダグ・リーマン制作総指揮
主演(俳優さん) マッドデイモン

著:サキちゃん

映画「ボーン・スプレマシー」はアクションとドキドキ感いっぱいのスパイ映画です。
あらすじ、評価批評、制作背景をお届けします。

この、ボーンスプレマシーは、有名なマット・デイモン主演の「ボーン・アイデンティティー」の続編になっています。 まるで自分が隠れているかのような、また逃げているかのような、映画に入り込んでしまう魅力があるスパイ映画なんです。


以下、映画内容に入ると、主人公、ボーンの恋人のマリーがしんでしまう。ボーンにとって恋人のマリーは唯一の心支えであった。マリーを失ってしまったことのショックは、計り知れない。

自分自身が、スパイで一番最初の仕事がロシアの革命家を暗殺することであったが、その妻がその暗殺現場に居合わせたため、その妻も殺さざる終えなかった。その為に、その為に一時的に記憶を失い、徐々に以前の記憶を思い出し、そのときの様子が断片的に思い出され、ボーンを苦しめるのであった。
彼は、CIAの元スパイであった為に、仕事の内容を知っている彼を必要以上に追い詰める殺し屋。
ストーリーの後半は、カーアクションがすごかった。

クルマとクルマの間を猛スピードで走り、車にぶつかりながら、普通は、死んでしまうぐらいのカーアクション。(ハリウッド映画ではそんなに珍しくないかもしれないが)。

でも最後は、ボーンが体を負傷しながらもやってのける。「ボーン・アイデンティティー」からの事件の全容も解けたし、ボーンはまた新たに旅立つ。是非、第3部として続編をやってほしい作品である。

ボーンの心の傷が癒えるように。スパイは自分自身を押し殺さなければいけない(自分自身の素の姿を出してはいけない)し、スパイという仕事は辛いし、やらない方がいいと思う。(当然です!)
暗殺されたロシアの革命家の忘れ形見のところに行き、事件の真相を話す。ボーンの辛さ、自分自身がマリーを失って、初めて、暗殺した革命家の娘の気持ちが分かったのである。


娘に「すまなかった」というボーンことマット・デイモンの辛い気持ち、表情がよく出ていた。

スパイ映画が好きならとりあえず外せない映画、ボーンスプレマシーです。

以上、映画ボーンスプレマシー、サキの評価評論、批評でした。

普通に映画好きな方に、DVD見る前に読んだり、DVD見た後に回想に浸ったりと楽しめる映画内容紹介ホームページ。


Copyright (C) movie site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。