サキの映画インプレ / 映画(洋画) /  アイランド

映画インプレメニュー

スポンサードリンク

 

インターネット便利サービス
TOPページに戻る

読み物系の関連コンテンツ
インターネット雑学ホームページ

  • サキの芸能人とトレンドワード
  • 間違いっぱいの自動車選び
  • ディズニーアニメーション
  • アニメ人気ブログ総集編
映画レビュー批評
映画タイトル

アイランド

映画あらすじ
監督 マイケル・ベイ監督
主演(俳優さん) ユアン・マクレガー

著:サキちゃん

映画「アイランド」は仮想未来の世界で描かれるSF映画です。
あらすじ、評価批評、制作背景をお届けします。

アイランドは、西暦2019年という近未来が舞台です。監督は、アルマゲドンやパール・ハーバーで、超有名なマイケル・ベイ監督


世界は大気に汚染されごく一部の限られた施設でのみしか生きられない人類。大気汚染から助け出され「アイランド」という汚染された地上で最も素晴らしいところに行くことを夢見ている主人公役がユアン・マクレガー。
映画スターフォーズのスターウォーズ エピソード1から3でオビ=ワン・ケノービ役で、いい味を出していたユアン・マクレガーですが、スターウォーズのときのオビ=ワン・ケノービ役の時は髭がぼうぼうだったので、ただのちょっとカッコイイおっさんみたいな感じにしか見ていませんでしたが、今回は、すっきり髭が剃っている設定。

個人的にユアン・マクレガー、とてもハンサムで素敵でした。

さて、映画あらすじに入ります。


生き残った人間達は、施設の中で、毎日、規則正しい生活をし、仕事をして1日を過ごしていた。施設管理者のもとで。この世で、唯一の楽園アイランドにいけるのは、抽選会で当選すること。

しかし、主人公リンカーン役のユアン・マクレガーは、地下にある換気口から一匹の蛾が入って来たのを見て、この日常を疑問に思い始める。平凡すぎる日々の暮らしの中で、唯一の楽しみである彼女ジョーダンとの会話。彼は、こっそり調査する内に、リンカーンは見てしまう、アイランドにいける権利を得た女性が妊娠し、赤ちゃんを無事出産、しかしその女性が殺されてしまうところを。アイランドなど存在しない。とんでもない自分たちが置かれた恐るべき真実を知ってしまう。好意を持っているジョーダンが抽選会でアイランドに当選してしまう。

彼女に、事の次第を話し、生き延びるために、恐ろしい魔の手から、決死の脱出を計る。しかし彼らは、施設の中で何不自由のない暮らをしていたため、人間そのものの生き方を知らなかった。

マックという人物によって、自分たちは、クローン人間であるという現実を見る。それは、同じ人間で、クローン人間ではなく、本人自身が病気であって、それを治すためにクローン人間を作り、必要な臓器を取り出し本人のため使い、クローン人間は、分からないように始末する。とても恐ろしい現実だった。コレを知ったときリンカーンは、どんな気持ちだっただろう。

クローン人間は、メリックという博士によって、人里離れた地下壕で、作り出された。


リンカーンは、ジョーダンを連れて、リンカーン本人と会いに行きますが、逆に捕まりそうになってしまいます。 追ってくるのは、ローランという警察ではなく、クローン人間に関係した組織の特別任務を遂行する男だった。

リンカーンは、本人自身に出会い2人ともそっくりなのは当たり前で、どちらが本人でクローン人間かの区別が付かなくなってしまいます。お互いに自分が本物だと名乗り、その結果、本人は捕まり、クローンであるリンカーンは、本人になりすまします。
しかし、クローン人間だということが、ばれてしまい、また逃げる事になってしまいます。窮地に立ったとき、今までリンカーンを捕まえようと追いかけていた、ローランに助けられて、今までクローン人間を作り出していたメリック博士がたおれ、多くのクローン人間たちは、隔離された施設の外に出て、自らの意志で生きていけるという開放感で喜びにあふれる。

主人公、ユアン・マクレガーが演じたリンカーン・6・エコーと言うなも、アメリカの過去の歴史にあった黒人の奴隷制度廃止、黒人を解放へ導いた南北戦争の英雄にしてアメリカ合衆国16代大統領大統領となったリンカーンから取られていることが分かる。

リンカーンとジョーダンの2人は、ラストで船に乗り、本当のアイランドを求めて旅立つ。


このストーリーと展開は、劇場の序盤から、大筋のストーリーが見ている人に分かってしまうが、たとえネタバレ並に単純な作りだとしても、安心して見られる物語の作りが感じられ、何となくボーと見える中にもそこそこ見応えのある映画と言えます。気が向いたらDVD購入でもどうぞ。

以上、映画アイランド、サキの評価評論、批評でした。

普通に映画好きな方に、DVD見る前に読んだり、DVD見た後に回想に浸ったりと楽しめる映画内容紹介ホームページ。


Copyright (C) movie site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。