サキの映画インプレ / 映画(洋画) /  レジェンド・オブ・メキシコ

映画インプレメニュー

スポンサードリンク

 

インターネット便利サービス
TOPページに戻る

読み物系の関連コンテンツ
インターネット雑学ホームページ

  • サキの芸能人とトレンドワード
  • 間違いっぱいの自動車選び
  • ディズニーアニメーション
  • アニメ人気ブログ総集編
映画レビュー批評
映画タイトル

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード

レジェンド・オブ・メキシコ
監督 ロバート・ロドリゲス監督
主演(俳優さん)


エル・マリアッチ:アントニオ・バンデラス
カロリーナ:サルマ・ハエック
シェルドン・ジェフリー・サンズ:ジョニー・デップ

著:サキちゃん

2003年に公開されたアントニオ・バンデラス主演の銃撃アクション映画です。

アントニオ・バンデラスが主役を務め、ハリウッドスターとして世界に名前を轟かせた映画「デスペラード」の後の2003年に公開された続編映画になります。

この映画はシリーズの一番最後になります。(と思われます)
しかし、「エル・マリアッチ」「デスペラード」に続くの3作目ということ。私は、無知&ミーハーにもジョニー・デップが出演していることから、3作目から見てしまいましたが、この「マリアッチ」シリーズは、続編というよりも、ひとつの作品として見て全然問題ありません。3作品ともストーリーがつながっていないのでどの作品から見ても大丈夫だと思います。


この、レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード、3作目といっても1作目「エル・マリアッチ」主人公役は、カルロス・ガラルドー。2作目「デスペラード」は、1作目を元に書いたおはなし、そして「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」も続編というには、あまりにも登場人物がごみごみしていてストーリーの中に思うように入っていけない感じがしました。あれというほど、有名人が、サブキャラクターとして出て来るのですが、もったいない使い方をしております。

軍事政権のクーデターで激動、真っ直中のメキシコを舞台にした映画です。この情勢を鎮圧するためにメキシコに送られたCIAの潜入捜査官サンズ(ジョニー・デップ)は、任務遂行しつつ、自分自身の私腹のために、クーデターを裏で操っている麻薬王バリーリョの膨大な資金目当てに、クーデターを起こそうとしているマルケス将軍の暗殺を企てます。

酒場の情報屋に紹介?と言うか彼の強引なやり口でそのガンマンを探し出し雇います。

そのガンマンこそが、アントニオ・バンデラスが演じる伝説のガンマン、エル・マリアッチでした。

エル・マリアッチは、過去を忘れて密かに暮らしていましたが、暗殺する人物が、かつての恋人、妻カロリーナと最愛の娘を殺したマルケス将軍だったこともあり、復讐にかられ、暗殺依頼を受けることにします。

カロリーナはもともとマルケスの愛人で、マルケスが自分を裏切った腹いせに、殺されてしまいます。


重要なキャラクターのジョニー・デップが演じるシェルドン・ジェフリー・サンズという役は、簡単に人を撃ち殺す悪役で、ジョニー・デップがこの映画以前やこれ以降も類のない人物像になっています。だたの悪役という感じがしないのがとても印象的です。

サンズは、私利私欲のために、利用できる人物はすべて利用するといった感じです。

ジョニー・デップは、シェルドン・ジェフリー・サンズ、サロメ牧師の二役を演じていますが、サロメ牧師の役の方はあまり出番が無く、不要ではないかと思ってしまいます。ストーリー上同一人物と言う設定なのかさえ、わかりません。


ジョニー・デップの他にもミッキー・ローク、ウィレム・デフォーなど豪華キャスト過ぎるところが贅沢な作品。
その性もあり、主役のアントニオ・バンデラスよりジョニー・デップが主役のような感じがしました。

またマリアッチの恋人カロリーナ役のサルマ・ハエックは、セクシーで同じ女性から見てもとてもきれいで、格好良かったです。

映画の評価としては、どちらかというと前作、「デスペラード」の方が全体的に完成度が高くおもしろいです。そしてわかりやすい。
しかし映画の演出の評価となるとこれまた別で、今作の方が断然凄いんです。「レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード」では、銃撃で銃から弾丸が発射されるシーンにCGを使っているところがあるのですが、とてもカッコ良くて印象的です。


以上、アクション映画「レジェンド・オブ・メキシコ」、サキの評価評論、批評でした。

普通に映画好きな方に、DVD見る前に読んだり、DVD見た後に回想に浸ったりと楽しめる映画内容紹介ホームページ。


Copyright (C) movie site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。