サキの映画インプレ / 映画(洋画) /  シャーロック・ホームズ

映画インプレメニュー

スポンサードリンク

 

インターネット便利サービス
TOPページに戻る

読み物系の関連コンテンツ
インターネット雑学ホームページ

  • サキの芸能人とトレンドワード
  • 間違いっぱいの自動車選び
  • ディズニーアニメーション
  • アニメ人気ブログ総集編
映画レビュー批評
映画タイトル

映画シャーロック・ホームズ

ゾディアック
監督 監督:ガイ・リッチー
主演(俳優さん) ロバート・ダウニー・Jr
ジュード・ロウ

著:サキちゃん

映画「シャーロック・ホームズ 」2009年に公開されたロバート・ダウニー・Jr主演のアクション?映画。(ドラマかも)。
映画のことならなんでも!のわたくし「サキ」が、あらすじ、評価批評、制作背景をお届けします。

推理探偵の金字塔。アーサー・コナン・ドイル原作の名探偵シャーロック・ホームズの映画です。過去にもいくつかでていますが、今回のシャーロック・ホームズは、知的はもとより、武闘派というアクションもこなせるとてもタフで強い男性という設定です。

監督は、英国紳士でアメリカのトップシンガーマドンナの元夫ガイ・リッチー。あまりピンとくる名前ではないのですが、過去にブラット・ピットが主演しているスナッチ(snatch)など異色の映画を手がけています。

ガイ・リッチー監督の映画は、とても独特で、とても良い評価をする人もいれば、全然という人によって極端に別れます。

私もコナンドイルのホームズはとても好きですが、前代未聞の設定にどうなのかな〜と若干不安もありました。

ホームズを演じるのは、アイアンマンで一躍有名になったロバート・ダウニー・Jr。この人なら武闘派シャーロック・ホームズという役もうなずけますね。

おまけに、助手元軍医のワトソンもとても強く武闘派コンビで難事件を解決していくというより、正義の鉄槌で悪党をねじ伏せるというアクションシーンがたくさんあります。


ジョン・ワトソン役は、イギリスのハンサム俳優ジュード・ロウ。

正統派ミステリーサスペンスのコナン原作のシャーロックファンにとっては、ちょっと意見が分かれるかもしれません。熱狂的なホームズファンの方々には原作に忠実でない分残念に思うかもしれません。

でも原作の先入観をなしにして見る分には、娯楽映画としてとても最後まで飽きないストーリーです。ホームズとワトソンのやり取りでも面白おかしく笑えるというメリハリがあって見る側を飽きさせない工夫と努力を感じます。そこら辺がさすがガイ・リッチー監督です。

悪党をバッタバッタとねじ伏せるシーンは見たあととても爽快感を感じます。知性で相手をねじ伏せるというより、こんなホームズもありではないかと思うぐらいです。

原作小説のストーリーにはないオリジナルストーリーだと思います。(たぶん汗)助手のワトソンと結婚する前のワトスン夫人となるメアリー・モースタン(ケリー・ライリー)が依頼人として訪れホームズを奇妙な事件へと誘います。

ホームズと助手ワトソンのやり取りがとてもおもしろくてたまりません。ちょうどワトソンとメアリーモースタンが結婚することでホームズは、ひとりぼっちの生活になるので寂しくてワトソンの気を引くことをしたり、すねたりと可愛い部分があります。端から見れば気持ち悪いだけですが・・・。なんかにくめないガイ・リッチー監督のえがいたホームズは木になるキャラクターになりそうです。

そしてそれを取り巻く俳優陣レイチェル・マクアダムス、ケリー・ライリー、今回の事件の謎をにぎるブラックウッド卿役マーク・ストロングなど魅力たっぷりのキャストです。

2011年にはシャーロック・ホームズの2作目がロードショー予定も決まってとても楽しみです。


以上、アクションかドラマか、微妙な映画「シャーロック・ホームズ 」、サキの評価評論、批評でした。

普通に映画好きな方に、DVD見る前に読んだり、DVD見た後に回想に浸ったりと楽しめる映画内容紹介ホームページ。


Copyright (C) movie site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。