スポンサードリンク

 

 

インターネット無料サービス
ホームページコンテンツ

  • サキの映画あらすじ紹介
  • インターネット便利サービス
  • 間違いっぱいの自動車選び
  • ディズニーアニメーション
  • アニメ人気ブログ総集編
男性芸能ネタと流行の話題
タイトル

岡田亮輔が映画「ブレーキ」の主役デビュー

 
流行検索キーワード 岡田可愛映画主演
日付 2009/08/27男性芸能人の流行ニュース

著:サキちゃん

「サインはV」岡田可愛さんイケメン息子映画「ブレーキ」の主役デビュー

バレーボールブームを巻き起こしたドラマ「サインはV」の元女優:岡田可愛の息子、岡田亮輔が「ブレーキ」に出演されます。原作は「リアル鬼ごっこ」などで人気の作家:山田悠介さん。


映画は、極限のスピードと激しいカーバトルで、主役を演じる岡田亮輔さんが、恋人をかけて20キロという距離を100キロ以上で走りきるデス・レースゲーム。100キロ以下になったりブレーキを踏んだりしたら、恋人の命がない。スリリングなストーリー。

主役を演じる岡田亮輔さんは、幼い頃から、女優として活躍されていた母、岡田可愛さんに影響された面が強く、高校卒業と同時に、俳優やアーティストの学校に通い、年齢(2009年現在)は、26歳と、現代的な芸能人デビューとしては、遅咲きと思われるかもしれませんが、この方は、高校3年の時にすでに舞台デビューし、2001年からミュージカルを専門的に活動されており、俳優としては一人前、一流の経験を持っておられます。


自分に厳しいというか、女優である母親の名で売り込みしたくないせいか、今まではテレビにはほとんど出演せず、ミュージカルの方で演技を磨く、とても努力家です。顔立ちは、母親である岡田可愛さんに似て、とてもぱっちりとした二重のイケメンです。

映画「ブレーキ」」監督を務めるのは、もともと趣味でバイクや車好きで有名な俳優そして小説家の大鶴義丹(おおつるぎたん)さん。
監督作品としては実に4作品目となる「ブレーキ」。ハリフッドなどでも使用されている最新の撮影カメラも導入してでの撮影と、かなり力作になりそうです。


母親であり元女優の岡田可愛さんの主演ドラマ「サインはV」は、バレーボールブームで日本の2大バレーボールマンガとして「アタック1」と並ぶ人気の代表作です。

もともとバレーボールブームのきっかけとなった1964年に開幕された東京オリンピックでも「東洋の魔女」と異名をとられるほど、日本女子バレーボール代表チームは、東京オリンピックが開幕される以前からとてつもなく強いチームだったそうです。

ネットで話題のキーワードや、みんなが検索している注目のキーワード・言葉についてご紹介と解説中。


Copyright (C) saki keyword site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。