スポンサードリンク

 

 

インターネット無料サービス
ホームページコンテンツ

  • サキの映画あらすじ紹介
  • インターネット便利サービス
  • 間違いっぱいの自動車選び
  • ディズニーアニメーション
  • アニメ人気ブログ総集編
流行キーワード
タイトル

トヨタF1から無念の完全撤退!

 
流行検索キーワード トヨタF1
日付 2009/11/04検索人気キーワード

著:サキちゃん

世界のトヨタ ホンダに続き、F1から無念の完全撤退!

車好きのみならず、世界中が注目する伝統ある自動車文化、F1。オープンホイールと呼ばれるフォーミュラーカーは特別な技術で作られた自動車の、世界最高峰のレース。そんなF1にチャレンジしていた日本が誇るトヨタですが、11月4日、ホンダに続き、トヨタまでもがF1撤退の発表というショッキングな出来事が起こりました。

4日にトヨタ東京本社にて、トヨタ自動車の豊田章男社長は、記者会見を開き、今年限りでF1から撤退、「経営と中長期的観点から苦渋の決断です」とコメント、とても悔しくも厳しい表情で会見しました。訪れたマスコミからは、ホンダに引き続き、トヨタも撤退することで、世界的に日本の企業の実力の低いことを印象づけたことや、リーディングカンパニー(超一流企業)としてモータースポーツ界に、またファン対し、どういう責任をとるのか?という厳しい質問が続き、マスコミの質問に答える豊田章男社長の横にいた同じくトヨタ自動車の山科忠専務が、涙ぐみ、無念の面持ちでした。


山科忠専務はトヨタF1チームを現場で陣頭指揮しており、何が何でも1勝と頑張っていました。いつもニコヤカで、故オベ・アンダーソンの追悼レースでヤルノ・トゥルーリが表彰台に上がった時や、ティモ・グロックが予想以上の活躍をしたとき、また終盤で小林カムイが6位入賞したときなど、涙を交えて喜びを表現していました。山科忠専務は外から見たらそんな人の良さそうなオッサンですが、なんとトヨタ自動車で8番目の役員!とても凄い方です。


F1(フォーミュラワン)は自動車レースのなかで世界最高峰ものです。トヨタは、2002年にF1参戦し、約8年間活動し、優勝はなかったものの、今年2009年には、第14戦シンガポールGPと第15戦日本グランプリでは、連続で2位を獲得していました。またホンダに続いて日本人ドライバーを育てるためのとても大切な役目をしていただけに、これですべての日本メーカーが撤退し、日本人ドライバーの育成が厳しくなってしまいました。

豊田章男社長は、「ファンのみなさんのことを思うと身につまされる思い。心からおわび申し上げます」と無念の会見は、とても見ていられないほど、空気が思い感じられます。

様々なF1ニュースサイトで、いろいろな情報が更新されています。2010年は日系チームは無くなりそうですが、トヨタには今度は新しい価値観で競争されるレースに期待します。


ネットで話題のキーワードや、みんなが検索している注目のキーワード・言葉についてご紹介と解説中。


Copyright (C) saki keyword site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。