スポンサードリンク

 

 

インターネット無料サービス
ホームページコンテンツ

  • サキの映画あらすじ紹介
  • インターネット便利サービス
  • 間違いっぱいの自動車選び
  • ディズニーアニメーション
  • アニメ人気ブログ総集編
流行キーワード
タイトル

放射性物質と食べ物について「17」

サキの特別レポート
関東以外のの食べ物など
ガイガーやヨウ素サプリメント

流行検索キーワード 原発事故福島
日付 2011/07/20 福島原発関連の検索人気キーワード

著:サキ

食べ物と放射能「17」 国産牛肉の汚染、大阪で販売店名を公表

※震災により、また原発による被害に合われている皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
※スマートフォンで手軽にネットが利用できる時代です。福島原発の事故を絡めつつ、テレビニュースとネット上の情報の信憑性を考え、少しでも確度高い情報について考えます。
※通常、話については信憑性、データについては信頼性と言葉を分けますが、ここでは信憑性に統一しています。

福島の非難地域から牛が流出、汚染牛肉が流通している問題で、現在は45都道府県で流通してしまったそうです。それに伴い、様々なニュースが流れています。

今回、大阪府が汚染牛肉の販売店名など公表する意向を表明しています。以下、一部引用してお伝えします。


福島県産の肉用牛から国の暫定基準値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された問題で、大阪府の橋下徹知事は20日、放射性物質に汚染された疑いのある牛肉の販売店名や所在地を公表することを明らかにした。
これまでは「販売した側も、ある意味では被害者」と特定につながる情報開示を控えてきたが、「消費者の不安解消」を優先させた。

公表対象は、基準値を超えた牛肉や超過する疑いがあり、府が自主回収を要請した牛肉を消費者向けに販売したスーパーや精肉店などということ。
いずれも府のホームページで公表する予定。一方、消費者に直接提供していない卸売業者のほか、飲食店も回収できない可能性が高いため、公表対象にしないという。
府は今後、牛肉以外の食品類についても同様の公表基準を適用する方針で、担当者は「汚染食品の回収促進と消費者の不安解消が目的で、小売店を責める意図はない」としている。


要約すると、汚染牛肉に関連した小売店の名前を、大阪府のホームページで公表すると言うこと。かなりインパクトのある手段に思います。

しかし、一般の消費者にとってはうれしいニュース。ここで店名を公開すれば今後、小売店は安全が確保された商品を販売せざるを得なくなります。危険な商品、危険の可能性がある商品が市場に出回る可能性が減ると思われます。
かなり思い切った方法ですが、放射性物質に汚染された食材を減らすには有効な手段かもしれません。

他の地域では・・・

放射能に汚染された野菜が多く流通し、これからセシウム牛肉だけでなくセシウム米なども多く流通するかもしれない関東や東北。個人的は日本各地、特に関東や東北地方でも実施していただきたい手段ですが、実際にはなかなか厳しいのでしょうか、筆者である私サキの住む千葉県では、公表しないと言うことです。
やはり各団体との付き合いを考えれば、なかなか難しい手段であることは容易に想像できますね。
震災関連に関して言えば、千葉県の森田知事は本当に残念です。

※追記:京都でも風評被害に繋がる恐れがあるとして非公表。

また、大阪府だけでなく各地の都道府県にお願いしたいことは、セシウム牛や放射能に汚染されたわらを出荷した農家を公表して頂きたいと思います。
牛だけでなく鳥や豚、野菜、今までも出荷規制の中で出荷したり、規制前日に大急ぎで出荷したりといろいろと問題が起きています。
農家の方にも責任を感じて頂かないと、今度は放射能に汚染された米が出回ってしまいます。

東京ではサラリーマンや会社経営者、個人事業主の方など、多くの方が被害を受けています。もちろん補償はないでしょう。
そんな中、農家だけが補償を求めたり、モラルのない行動を平気で行うのは、どうしても納得ができない方も多いはずです。

ネット上の反応をみると・・・

  • 多くの人に汚染牛肉を売った罪は重い。小売店も責任を負うべき。
  • 他の県も大阪を見習って欲しい
  • 卸業者も公開して欲しい
  • 単なる知事の人気取りでしかない
  • 正しく偽りなく公表されるか不安。裏取引がある可能性もある
  • 騒ぎが収まれば、みんなまた今まで通りに汚染牛を食べるようになるから意味がない
  • これを期に行政にはあらゆる情報を公開して欲しい
  • 誰かが得をするから汚染された牛肉が出回った。関係者の公開と責任を追及して欲しい

少し前より当ホームページでは福島県の避難区域の牛は日本各地に売られ、広まってしまったことをお伝えしてきました。
関連記事:
福島産の牛肉からセシウム
福島の牛が全国へ

牛肉の中でもIDで管理される牛は、ステーキや焼き肉は比較的産地がわかります。逆に牛肉加工食品などではほとんどわかりません。しかし個人的には、産地がわからないのも不安、産地がわかっても不安という状況だと思います。
これは牛肉だけでなく、産地がほとんどわからない国産豚肉、国産鶏肉についても同様かもしれません。
しっかりした検査の早期実施を望みます。


以下、私のレポートページのご紹介です。

実は筆者である私サキにも2歳になる子供がいます。
放射能に関してはできることだけでも気をつけておかないと、将来、子供に合わす顔がありません。
そんなこともあって、日々いろいろと調べています。そしてまとめています。
以下、私サキが見つけてきた、少しでも安全な野菜と買い方ポイント、できれば欲しい放射線測定器など、各種レポートです。

これらのレポートは試せる限り、調べられる限り特集として連載していきます。
(野菜を測定できる放射線測定器はやっとみつけてきました)

ネットで話題のキーワードや、みんなが検索している注目のキーワード・言葉についてご紹介と解説中。


Copyright (C) saki keyword site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。