スポンサードリンク

 

 

インターネット無料サービス
ホームページコンテンツ

  • サキの映画あらすじ紹介
  • インターネット便利サービス
  • 間違いっぱいの自動車選び
  • ディズニーアニメーション
  • アニメ人気ブログ総集編
流行キーワード
タイトル

放射性物質と食べ物について「20」

サキの特別レポート
関東以外のの食べ物など
ガイガーやヨウ素サプリメント

流行検索キーワード 原発事故福島
日付 2011/08/30 福島原発関連の検索人気キーワード

著:サキ

食べ物と放射能「20」 魚(マダラ)から微量のストロンチウム

※震災により、また原発による被害に合われている皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
※スマートフォンで手軽にネットが利用できる時代です。福島原発の事故を絡めつつ、テレビニュースとネット上の情報の信憑性を考え、少しでも確度高い情報について考えます。
※通常、話については信憑性、データについては信頼性と言葉を分けますが、ここでは信憑性に統一しています。

本日30日、福島県沖で採取した魚(マダラ)から放射性物質であるストロンチウムが検出されたと発表されました。
検出されたストロンチウムはストロンチウム90で1キロ当たり0.03ベクレルということです。

ストロンチウムは骨の中に貯まって白血病などの原因になると言われます。非常に猛毒ですが、今回の0.03ベクレルというのはごく微量です。
(検査方法が特殊なため危険な数値の可能性もありえそう)

また、茨城、千葉県沖で採取したアカガレイ、カタクチイワシ、マイワシ、ゴマサバからはストロンチウムは検出されなかったと水産庁から発表されました。


今回、この放射性物質に関する発表から読み取れる「大事な点(疑問点?)」は個人的に3つ思い浮かびます。

  1. 今まで限定的だったストロンチウムに言及。
  2. 検査方法は骨抜き、内蔵抜きで測定した可能性がある。
  3. 測定限界値というのはいったい、いくつ??

これら、どうもすっきりしないというか、気になると思いませんか?

ストロンチウムに言及した点について

今頃ようやくストロンチウムについて発表されました。(従来は非常に限定的な発表のみ)。何で?
考えられるのは首相交代のタイミングというのもありえます。他には、実は検査していた放射性物質ストロンチウムの値が下がってきたからというのも。今までの事を考えれば可能性はあります。
納得できませんが数値が下がってきたから発表という可能性もなくはありません。
それから、海の魚に関する食物連鎖による汚染がこれから始まるとして、これから被爆の可能性が上がるから発表を始めた、という仮定もたちます。

放射性物質の測定方法について

魚の放射能汚染、今まで発表されていたセシウムの測定方法は骨を取って内蔵を取ってから計測、ということでした。
これは、お刺身で食べるときの参考値としては納得できる計測値ですが、煮魚や焼き魚で食べるときには全く当てにならない数値です。
今回、ストロンチウムがどのように検査されているかわかりませんが、セシウムと同様に骨を取って内蔵も取ってから計測しているとすれば、今回発表された0.03ベクレルというのも決して低い数値とはいえなくなってしまいます。
ストロンチウムは骨に貯まりやすいと言われます。それから、ストロンチウムの線質係数はセシウムの線質係数とは違うので、セシウム相当に換算すればおよそ20倍、つまり0.6ベクレル相当と考えられるかもしれません。(線質係数について未確認)。

放射性物質の測定限界値について

今回発表、計測されたストロンチウムは1キロあたり0.03ベクレル。お米や野菜、水道水、粉ミルクなど、完全に測定限界以下となる数値です。
例えばお米の場合、千葉県では放射性セシウム都合40ベクレル以下で測定限界未満となります。
なんで魚からのストロンチウム90では、0.03ベクレルと発表されるのか?
実は他のセシウムも、もっと精細な数値が計測できるのに、あえて測定限界未満にしているのではないかと疑ってしまいます。


日本各地のガイガーカウンター・ライブカメラを地域別に集めました。
各県のリアルタイム放射線測定器

当ホームページで放射線測定器についてレポートしています。

ネットで話題のキーワードや、みんなが検索している注目のキーワード・言葉についてご紹介と解説中。


Copyright (C) saki keyword site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。