スポンサードリンク

 

男性芸能ネタと流行の話題

低価格でベクレル表示可能な放射線計測器

  • ベクレル表示が可能!低価格高機能モデル。
  • 多少不明瞭な点もあるが機能重視系モデルとして、個人利用に最適。
  • 水やお米、果物、表面汚染を測定することが可能。
  • こういったタイプは現在ほとんどなく、とても貴重なモデルとのこと。
  • 2012年5月現在の価格は、69,800円。
  • ホームページはこちらです : 準備中

ベクレル表示ができるハンディタイプ放射線測定器

様々なガイガーカウンターを販売しているホームページ「ガイガーjp」に、ハンディタイプでベクレル表示可能な、うれしい新商品が追加されました。モデル名は「アイオンセブン」。コンパクトサイズで重量は200グラム。

アイオンセブン

通常、ハンディタイプ測定器を始め、一般的な個人向け放射線測定器では、空間線量(シーベルト)単位で計測・表示されます。

危険な空間の特定ならシーベルトの方がわかりやすいのですが、食べ物などの危険を考える場合は、ベクレルで語られるのが現在一般的になっています。

単位が分かれているからわかりにくい、でも、アイオンセブンならベクレルで表示が可能です。ちょうどこちらの写真はベクレルで計測・表示しています。このモデルでは、単位は(Bq/cm2)です。つまり、表面汚染を計測することが可能です。

計測に必要な時間はだいたい180秒。「水・牛乳・お米・果物・野菜」など、これらの食品に近づけて計測することが可能です。ベクレルでの表示が可能だから、とてもわかりやすいはず。インターネットで公開されている数値などと照らし合わせれば、数値に対する理解度も高まっていくはずです。

空間線量も細かく測定可能

アイオンセブン

このアイオンセブンでは、通常のシーベルト表示も可能です。こちらも高機能で、0.003マイクロシーベルトからの計測が可能。この価格帯の他のモデルと比較して、小数点以下の単位が一つ違います。
(計測可能範囲0.003〜500マイクロシーベルト)

  • Bqモード:水や牛乳、野菜等の食品の表面汚染を測定するモード。単位はBq/cm2。
  • CPMモード:空間線量の計測。単位はμSv/h。
  • Csモード:分単位で空間線量をカウント。単位はCs。
  • CPSモード:秒単位で空間線量をカウント。

このアイオンセブンで特徴となる「Bqモード」は水や牛乳、野菜、果物、お米など食品の表面汚染度合いをベクレルで表示します。単位がベクレルだと一般的に食物で使われる単位なので、非常にわかりやすい。計測に必要な時間は180秒前後と少々時間が掛かりますが、業務用レベルの高価格機種を除けば概ねこんな感じです。

アイオンセブンについてこれらからいえること、あまり線量が高くない地域でも、的確な計測が可能ということがあげられます。


アイオンセブン

アイオンセブンの詳細について、例えばベクレルの計測方法や精度についてよくわからない部分もあります。

この価格帯、10万円以下のガイガーカウンターではほんの少し精度が悪い場合もあり、複数の機種で比較すれば0.01〜0.02シーベルトの誤差があったります。しかしこの程度の精度の悪さなら、個人で利用する分には全く問題ないわけですし、十分期待に応えてくれます。

こういった前提の上で、信頼性やブランドといった安心感を重視するならアイオンセブン以外の機種を選んだ方が良いかもしれません。やはりメーカー等よくわからない部分があるからです。
逆に低価格で機能を重視される場合にはうってつけとなるアイオンセブン。筆者個人的には、個人利用の場合にはこういった機種が最適だと考えます。

使い方について、だいたいの機種でボタンは1個か2個。このボタンを押してモードの切り替えがメインとなるので、利用方法がそんなに難しい機種もありません。心配しないで大丈夫だと思います。


様々な放射線測定器

ガイガーカウンターは、現在話題の測定器として、様々なタイプが販売されています。
安い物では売値で6万円代のモデルや、使い切りタイプのものもあります。
しかし、ガンマ線しか計れず、大気中しか計れず、単位が0.1マイクロシーベルトまでしか測定できないなど、ほんとに参考程度の内容です。

その他の人気モデルもご紹介しています。
価格は6万5800円〜9万5800円。
野菜も計測できると表記され、液晶画面の大きいモデルやBluetooth(ブルートゥース)内蔵モデルもあり、パソコンでデータ管理も可能。

野菜も計れるガイガーカウンター

MKS-05 TERRA-P+の直輸入モデルです。
ベータ線の測定が可能。脅威の低価格で非常にお得。
写真に写っている付属の専用ケースはレザーケースです。
上で販売しているのと同じものだとすると、片面はクリアで透けているので、ケースに入れたまま利用できます。

価格4万9800円〜(リンク先のホームページの場合)
信頼のウクライナ製ガイガーカウンター

上記リンク先より、「詳細はこちら」というグリーンの文字をクリックして下さい。

販売されているその他のモデル

AT2503A 世界的企業である株式会社カスペルスキーが進めるガイガーカウンター。
シンプルな作りで小型軽量、低価格が特徴となっています。
測定は0.1マイクロシーベルト〜。
X線およびガンマ線が測定可能。
電池がボタン電池になるのが大きな弱点だが、最長1000時間稼働と公表されています。

価格は7万9500円。出荷目安は6月下旬。
Radi 信頼性という点でえらべばコレ。日本製のガイガーカウンターです。
高信頼性を特徴とする個体シンチレータを採用。
精度が高く、測定は0.001マイクロシーベルト〜。
ガンマ線の測定が可能。
その精度と単三電池での稼働が特徴です。
ここだけの独自長期保証が付いて計3年間の保証付き

価格は15万5800円。出荷目安は6月下旬〜7月上旬。
Model 900+ ドイツ製の高性能ガイガーカウンター。高級機種です。
ガンマ線、ベータ線に加えて、さらにアルファ線も測定可能。
測定範囲は0.01マイクロシーベルト〜。
さらに水を測定できるのも特徴。
うれしい単四電池3本による動作。
専用解析ソフトと日本語マニュアルが付属。

価格は35万7500円。出荷目安は2週間前後。
iGamma 一般的にガイガーカウンターに比べ、制限の多い商品ですが、 低価格、そしてiPhoneやiPodに接続して放射線計測できます。
名前も「iGamma」。間違いなくiシリーズと接続する商品です。
左の写真のうち、ディスプレイが出ているのがiPhone。専用ソフトウェアで表示されています。

商品は右側の黒いボックスです。他の放射能測定器と比較すれば、圧倒的に低価格な19800円。

2012年05月01日追記
ガイガーJPでは定期的にサービス品が付くキャンペーンを実施しています。現在は5月1日まで「放射能の付着を防ぐビニール袋100枚」と「乾電池20本」のサービスが付くキャンペーンを開催中。ガイガーJP全製品が対象とのことです。


 

前のページに戻る できれば欲しい放射能対策アイテム

ネットで話題のキーワードや、みんなが検索している注目のキーワード・言葉についてご紹介と解説中。


Copyright (C) saki keyword site. All Rights Reserved. Inclue internet convenience service

ホームページ本文の転載はご遠慮下さいませ。当サイトはリンクフリーです。